FUTO HOUSE ブログ 2023年12月12日

伊豆高原の極上温泉体験:おすすめの日帰り温泉ベスト5

伊豆高原は温泉地というイメージがあるかもしれませんが、高級温泉旅館がいくつかあるものの日帰り温泉施設となると限られてしまいます。ただ、伊東や東伊豆を含めれば魅力的な日帰り温泉施設がいくつもあります。

そこでここでは、伊豆高原観光をするときに、おすすめの日帰り温泉施設を5つご紹介していきます。日頃の疲れを癒やしたいという人は、ぜひ伊豆高原やその周辺エリアの日帰り温泉施設で最高のリラクゼーションを満喫してください。

おすすめ日帰り温泉ベスト5

伊豆高原やその周辺にはいくつも温泉施設がありますが、ここでは一本のえんぴつのスタッフが気に入っている日帰り温泉施設を5つご紹介していきます。

● 立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

伊豆高原の湯は135号線沿いにある日帰り温泉施設で、イメージとしてはスーパー銭湯に近いものの、利用者がそれほど多くなければ居心地もよく、露天風呂でのんびりと過ごせるのがおすすめのポイントになります。

また、館内では伊豆高原ビールの販売をしており、温泉あがりに最高の1杯をいただけます。しっかり食事をしたい人は、併設されている伊豆高原ビールの「うまいもの処」がおすすめ。ちなみにコインランドリーもあるので長期滞在する場合は、温泉に入っている間に洗濯できるのも魅力的です。

一本のえんぴつではオトクに伊豆高原の湯を利用できる温泉チケットをフロントにて販売していますので、宿泊される方はぜひご利用ください。

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯
料金:大人(中学生以上)1,000円/子供(4才以上)500円
営業時間:10:00~24:00
休館日:第1・3木曜日(祝日、GW、春夏冬休みは営業)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
住所:静岡県伊東市八幡野1180
URL:http://www.suiransou.com/

● 富戸温泉

戸温泉は城ヶ崎海岸の海沿いに建つ小さな日帰り温泉施設です。地元で愛されている温泉で源泉かけ流し100%の天然温泉。泉質はカルシウムー硫酸塩温泉になります。洗い場が男女ともに4つしかありませんので、少人数で行くのがおすすめ。

人気の理由は海が見える露天風呂にあります。伊豆大島を一望できるので、ずっと温泉に浸かっていたくなります。混雑する日は入場できないこともありますので、平日の明るい時間に行くとのんびりくつろげます。

一本のえんぴつからは徒歩で行けますが(徒歩約20分)、帰りが激坂なので夏場は流した汗がまた吹き出てくるので注意が必要です。

富戸温泉は現在、ボイラーが故障中で営業しておりませんのでご注意ください。

富戸温泉
料金:500円
営業時間:15:00〜19:30
休館日:毎週 日・月・火曜日
泉質:カルシウムー硫酸塩温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)
住所:静岡県伊東市富戸767-2
URL:http://futo-onsen.com/

● 大川温泉 磯の湯

伊豆高原からは少し離れますが、波打ち際にある大川温泉の磯の湯は、温泉好きなら必ず訪れて欲しい秘湯のひとつです。男女に分かれた小さな小屋からは相模湾が一望でき、知る人ぞ知る公共の露天風呂になります。

シャンプーや石鹸を使った洗体はNGで、浴槽もそれほど大きくないなど、いろいろ制約がありますが、そんな不便さは目の前に広がる景色を見れば全部吹き飛んでしまいます。自然を感じながらリフレッシュしたい。磯の湯自分はそんな人におすすめの日帰り温泉施設です。

大川温泉 磯の湯
料金:500円
営業時間:11:00~18:00(金・土・日・祝日と7・8月は20:00まで)
休館日:火曜日・荒天時
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (低張性・中性・高温泉)
住所:静岡県東伊豆町大川
URL:https://www.town.higashiizu.shizuoka.jp/bg/tourist_info/ent/513.html

● 赤沢日帰り温泉館

清潔感のある温泉施設で、ゆっくり過ごしたい人におすすめの日帰り温泉施設です。宿泊施設もあるので、1日ずっと温泉を満喫したい人にも最適です。露天風呂付き個室も利用でき、家族やカップルでプライベート感を楽しむこともできます。

ご飯が美味しいという声も多く、金目鯛の煮付など伊豆ならではの魚を中心に、リーズナブルな料理から高級料理まで併設されているレストランでいただけます。またボーリング場もあるため、あいにくの雨となっても、家族や仲間で1日過ごせる温泉施設になります。

赤沢日帰り温泉館
料金:大人(中学生以上)1,600円/子供(4才以上)850円
料金(繁忙期):大人(中学生以上)2,000円/子供(4才以上)1,000円
営業時間:10:00~22:00
休館日:なし
泉質:ナトリウム・塩化物(高張性・弱アルカリ性)
住所:静岡県伊東市赤沢字浮山163-1
URL:https://www.izuakazawa.jp/daytrip/

● 東海館

土日祝に伊豆高原に来たなら、伊東の東海館の温泉もおすすめです。伊東市指定文化財にも登録されている建物で、昭和レトロを感じながら入湯できます。館内も散策できて、かつての活気を感じることができるのもおすすめの理由のひとつです。

ただし平日は温泉に入れず、土日祝のみ入浴可能となっています。また大浴場と少浴場があり、時間により男女入れ替えとなっています。週末に伊豆高原に遊びに来るなら、往路と復路それぞれで伊東に立ち寄り、2つのデザインを楽しんでみてはいかがでしょう。

東海館
料金:大人(中学生以上)500円/子供(3才以上)300円
営業時間:11:00~19:00
休館日:平日
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
住所:静岡県伊東市東松原12-10
URL:https://itospa.com/spa/detail_54227.html

Blog記事 一覧